ポチっと押してください→blogram投票ボタン ありがとうございます!



現場を任せられるベトナム人マネージャーを育てよう!ものづくり現場「カイゼン」実習による管理者能力向上研修 のお知らせ

ベトナムのホーチミンで、日系製造業に勤めるベトナム人管理者能力向上のための研修を実施します。
下記チラシをダウンロードしてお申し込みください。


研修は最大16名で、IE手法の座学と実地研修を行います。
実地研修は2班に分かれ、各班に指導員がつき、きめ細かいフォローをいたします。

【ベトナムでの本研修の目的】
本研修は、ベトナム人マネージャーを、現場を任せられるマネージャーに育てることを目的とした研修です。
ただ、マネージャーとして部下を見張るのではなく、
@本研修を通じ、IE手法を修得して、現場を改善できる方法を身につけ、
利益を生み出す現場作りに貢献する。
A本研修のグループワークを通じ、様々な意見から最善の答えを導き出す
マネージャーに必要な問題解決能力を身につける。
上記能力を本研修を通じて身につけさせます。


【国内での受講生の声】
・他社の方と交流することで、今まで社内で常識と思っていたことが、
自社だけの常識だということに気付いた。
・自分は教えたつもりでも、部下の受け止め方とのギャップがあることに気付いた。
・IEの手法だけでなく、現場リーダーの役割が認識できた。

本研修と同様のカリキュラムは、製造業の組長・班長・ライン長クラス(30歳〜39歳)
の方や、大手電子部品メーカーの経営幹部候補生、JICA(国際協力機構)の生産性
向上プログラムでのメキシコ人留学生(社会人)、国家資格取得でコンサルタントを
目指す方など、幅広い受講者層に向けて実施しているものです。

現場の問題解決をどういう手順で進めればいいのか分からない
改善の着眼点を持ちたい
初めて部下を持つが、自身の仕事が何か分からない
どうやって部下をマネジメントしていったらいいか分からないという方に
おすすめです。

事業再生の主役は社内にいる

3年半前から継続的に経営改善に取り組み、見事に黒字体質になられたクライアント企業様(清掃業)の懇親会にご招待いただきました。

支援開始当初、企業診断時にインタビューした現場責任者の方々も参加されており、「あのときは、ウチの会社がどうなることかと思いましたよ。でも、今はいい会社になって嬉しいです!」と当時を振り返っていただく場面があり、思わず涙が出そうになりました。

この3年半、改革を決意された経営者と、その右腕となり、縦横無尽に活躍してくれた常務(当時は課長)の存在なくして再生はありえませんでした。
当時はエリアの課長というご自身の職務範囲内でくすぶっていらっしゃったのですが、お話をうかがうと、大局観を持ちながら、現場できめ細かな根回しもしていただける人材であるとわかったため、この人こそがわが社の再建の中心人物ですよと、社長に伝えました。社長もそのことを実感しており、すぐに適切な人事をされたうえで、再建を託されました。

経営不振に陥った会社でも、必ず志が高く、再生の主役になってくれる人材がいるというのが小職の自論であり、この企業様にもやはり事業再生の主役は社内にいらっしゃいました。

再建が叶った今後としては、後継者による成長戦略をどう描くのかというフェーズに、ご支援のテーマが変わってきています。事業再生に取り組んだ者としては、とても嬉しい現状です!!












どうやってわざとバカなまねをして、コンサルタントになったか

私は銀行員という、安定していて社会的な地位もある職を捨てて、コンサルタントという仕事を選択しました。

独立を応援していただける方がほとんどでしたが、なんでそんなバカなことをするのかと冷ややかな目で見ていた方もいらっしゃいました。
正直、親にも反対されました。

私自身も、独立することを決めて退職する旨を支店長に伝えた直後、「オレはなんてバカなことをしているんだ」と、一瞬後悔したこともあります。
しかし、このまま銀行を通じて見る狭い世界しか知らずに死んでいくという恐怖(決してそれが悪いという意味ではなく、もともと経営者になりたいという夢があったので)があった私には、あえて既定路線からはずれるということもアリなのではという自分の直観を信じて、中小企業診断士資格を取得したタイミングを利用してわざと「バカなまね」をしてみました。

コンサルタントとして独立を決断する際には、諸先輩方のご指導も大変参考になりました。

あれから10年、あの時バカなまねをしなければ決して会うことができない素晴らしい方々と出会うことができましたし、サラリーマンのままでは獲得できない知識や経験を積み重ねることができました。

今では、勢いに乗ってバカなまねをしてみて良かったと思っています。

独立する際にご相談させていただいた諸先輩方への感謝の気持ちを持ち続けていきたいです。

現場リーダーの活躍

事業再生支援をしていて、「あ、これで業績を回復できる!」と思う瞬間がいくつかあります。

その一つが、現場の「リーダー格」の人を「真のリーダー」に任命し、それをその人が請けてくれた時です。

そのような社員さんは、日頃から問題意識が高く、改善のネタをたくさん抱えていることが多いと感じます。
しかし、トップがそれを必要とせず、もしくはそのような人を煙たがって、押さえつけている場合もあります。

われわれコンサルタントが外部から働きかけて、現場リーダーが活躍しやすい環境を整え、後押しすると、活き活きと社内改革にまい進してくれるという事例がたくさんあります。

先日も、そんな場面に立ち会うことができました。この仕事をしていて良かったな〜と思える貴重な瞬間でした。


とうしゅん無料経営相談会

unnamed.jpg
東春信用金庫名古屋支店さまにおいて、無料経営相談の担当をさせていただきました。

取引先企業さんを大切にされる金融機関の取り組みに携わることは、中小企業診断士として大変やりがいのある仕事です。
ポチっと押してください→blogram投票ボタン ありがとうございます!